マクロを中心とした癒し系写真の玉手箱☆ 被写体一期一会!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇今日の写真を気に入ってくださいましたら、是非応援のOne Clickをお願いいたします!◇




巷で流行っている(?)ミニチュア化に挑戦!
う~ん、しばらくハマりそう☆
アオリレンズがほしいけど高過ぎます(^^ゞ
しばらくはソフトでミニチュア化を楽しむことにします(^_-)-☆
05IMG_0735.jpg


◇今日の写真を気に入ってくださいましたら、是非応援のOne Clickをお願いいたします!◇


コメント
この記事へのコメント
すごいなぁ、カワイイなぁ。
ほんと、ミニチュア化してますね(^^)
私には、まだこんなことは出来ません・・・。
2007/10/19(金) 23:06:00 | URL | おときち #-[ 編集]
attsさん、こんばんは♪
ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
コメントがopenしてるぅ♪
お仕事、落ち着かれたのかしら~?
お疲れ様~♪

ところで、こぅいぅのっておもちゃみたいで、面白いですね~!!!
こんな風に出来るソフトがあるんですかぁ?
わ~私も作ってみた~い♪
フリーソフトじゃないのかしら~?

以前こぅいぅ写真をどなただったかがたくさん写されていて。。。
その時は初めて見たので凄くはしゃいだのを思い出しました。
どなただったかなぁ?
attsさんじゃ、無かったですか?
(゚-゚;)ウーン
yahooブログやってた頃だったかなぁ.o0○
もっと前かなぁ.o0○
嗚呼~気になる…気になる…
2007/10/20(土) 01:51:19 | URL | KUMI☆ #Jtcj8rf6[ 編集]
おときちさんへ
こんばんは(^o^)丿
お返事遅くなりました(^^ゞ

多分12月くらいまではコメントのお返事が遅れたり、おときちさんのブログへコメントを入れたり出来ないかもしれませんが、ブログは拝見させていただいておりますよ☆

おときちさんの最近の写真では、「果てなく続く・・・」が気に入っています☆
あと、さっきアップされていた「珈琲」…
結構好きな作風です☆

さて、このミニチュア化ですが、レタッチソフトを使うと簡単にできちゃいます。
私はPaintShopProPHOTOを使っていますが、PHOTOSHOPとかでも簡単に出来ますよ!
この忙しいと豪語している私がちょこちょこっと出来ちゃうくらいですからね(笑)
色々な方のブログ等でも作り方が紹介されていますが、時間が出来たら私もレタッチ等のチュートリアルを紹介したいとは思っていますが、いつになるやら(苦笑)

コメントありがとうございました<(_ _)>
2007/10/22(月) 03:32:53 | URL | atts #x9c5GV3o[ 編集]
KUMI☆さんへ
こんばんは(^o^)丿
いつもと趣向を変えた画を掲載したので、コメント欄開けちゃいました(笑)
忙しいのは12月くらいまで続くので、それまでは相変わらずの状態が続くと思いますが、見捨てずに遊びに来てくださいね(爆)

私がミニチュア化の写真を紹介したのは今回が初めてなので、以前KUMI☆さんがご覧になった作品は私じゃないと思いますよ(^^ゞ
でも、こういった作品は、シフトレンズでそのままこんな感じの写真が撮影できますし、また、レタッチソフトによって作成できるのでたくさんの方が紹介されていると思います!
本物(?)のシフトレンズは高いので、レンズベイビーとかで頑張って撮影されている方もいますしね(^_-)-☆
私は専らレタッチソフトによる加工派ですけど(笑)

こういった写真の加工方法は、PHOTOSHOP関連の書籍でも紹介されていますし、たくさんの方のブログでもチュートリアルが紹介されているので、検索されてみてはいかがでしょうか(^^♪
こんなに忙しいと言っている私がちょこっとの時間で出来ちゃったくらいなので、本当に簡単ですよ☆

今度時間があったら私なりのチュートリアルを紹介させていただこうとは思っていますが、今は時間が取れないので落ち着いてからですね(^^ゞ

あっ、しかも私のチュートリアルはPaintShopPro用ですのであしからず(爆)
2007/10/22(月) 03:43:31 | URL | atts #x9c5GV3o[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atts.blog10.fc2.com/tb.php/772-39ae5828
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。